車査定

車査定、10万キロ、10年落ちの車でも売れるのか?

    

自動車を売る際、どうしても気になるのがその査定額ですが、実はもっと気になる部分があります。
それは、「果たして自分が持っている車でも売れるのだろうか?」ということです。

結論からいえば、例え走行距離が10万キロを超えていようと、10年落ちだろうと、
世の中にそういう自動車を欲しがっている人がいる以上は売ることは可能なのです。

勿論、ほんの1年程しか乗っていないような自動車の方が高く売れますし、
新品同様であればある程査定は高いです。

ですが、最近の自動車は本当に性能が良く、長持ちするように作られています。
今から遡って10年前の自動車は確かに今と比較するとあまりいい商品とは言えないかもしれません。
人を認識する機能も付いていませんし、衝突を避ける為の機能もありません。

エコの観点から言っても、現代の物と比較するとそれ程省エネ性能が高いとは言えません。
しかし、そんな時代の物とはいえど一定以上の水準で作られており、
長期使用に十分耐え得るものとして完成されているのです。

その証拠に、今も10年以上前の自動車が堂々と走行していますし、
それらの自動車は恐らく10万キロを優に超え、もしかすると20万キロを超えている可能性だってあるのです。
10万キロを超えれば、タイミングベルトを筆頭に幾つも部品を交換しなければなりません。

買い取りをお願いする店にもよるでしょうが、部品を交換する前だと車査定はあまり高くないかもしれません。
買い取った後に交換するのですから、中古ショップとしても儲けることが出来ないからです。
車査定で高い評価を得たいのであれば、そういった部品を交換した後に車査定に出すのがいいでしょう。
また、車査定でより高い評価を得ることが出来るのはいわゆる人気車種です。

更に人気の色、限定モデルなどは特に高い値段を付けてくれます。
勿論、目立った傷やヘコミが無ければの話ですから、その辺りは査定に出す前に確認しておきましょう。