車査定

車査定でクルマを売る場合、ローンがあっても売れる?

pixta_5028973_S
    

車査定でクルマを売る場合に、そのクルマにローンが残ってた場合、売ることが出来るのかは気になるところですが、
支払いが完済していない状況でも、クルマを売ることは出来ます。
この場合は買取価格が高ければ売れた金額の中で残債分の返済が出来て、余った分を自分の手元に残すことが出来ます。

クルマを買う時、その車自体を担保にして所有者の名義をローン会社にすることがあります。
つまり完済をする前の車の名義はローン会社のものとなります。
車査定を受けて実際に買取が可能となっても、買取業者は支払いが完済しないとクルマを買い取ることが出来ません。

そこで実際に買い取られた金額の中で残債分の支払いの手続きを積極的に受けてくれます。
またクルマが買い取られた場合、クルマに対する所有権の留保の解除の手続きも必要になります。
この場合は別途手数料が必要となるので確認が必要になります。
支払いが完了していなくともクルマを売ることは可能で、通常の買取に比べたら別途必要な手続きが加わるという形になります。

最近では残価設定型で契約時に3年後や5年後の下取り査定額を設定し、
その額を差し引いた額でローンを組むという仕組みになっており、
下取りが前提となっているので支払いが完了してもクルマの所有者は自分のものにはなりません。

この場合は月々の支払額は小さくなるので、安心して支払いが出来るようになります。

この残価設定型の場合でも買取は可能で、クルマを売るタイミングとしては支払いの残債と残価が同じ位になった時に残価よりも高く売ることが出来れば、
残債の支払いに充てたとしても残りを自分の手元に残すことが出来ます。

この場合も所有権留保解除の手続きが必要となり、手数料などが別途必要となるので手続きに関わる費用については事前に確認をとっておきましょう。
このように残債のあるクルマでも買い取ってもらえるのですが、
車査定を受ける際には売却価格から残債の支払いを相殺出来るようにすれば、損をしないことになるので買取業者とよく相談の上で売却価格を決めます。